関西には合格率を高くできる家庭教師がいる|生徒に合わせた授業

文房具

高校へ入るには

女性

入試対策

高校へ入るには面接が必要となってきます。高校入試では、必ずと言っていいほど面接があり、そこで数分から数十分の間、質問を受けます。『なぜこの高校を受験したのか』といった基本的な質問からマニアックな質問まで多数あります。高校入試対策は、基本的なことは学校でやってくれるところが多いと思いますが、中にはそうでない人もいると思います。1番効果的な方法は先生や友だちに手伝ってもらうことです。自分が受験者、先生や友だちには面接官になってもらい、用意した質問の中からランダムに質問してもらいます。そして、自分が答えることができなかった質問をチェックし、その質問を高校入試でされた時のために覚えておきます。また、入試本番では知らない先生が相手なので、顔見知りの先生や友だちだけでなく、異性や普段授業を受けない先生に面接官になってもらうのも効果的だと思います。それらを繰り返し行うことによって、面接に慣れていき、高校入試本番でも緊張することなく、スムーズに答えることができるようになると思います。入試本番までに、受験する学校の特色や校訓、制度について調べておくと面接で役立つと思います。また、ふだん友だちと話すときよりも大きな声でハキハキということを心がけてください。そして、笑顔を心がけて、面接官から質問されたら一間あけて答えてください。予期しなかった質問が来ても慌てずに答えてください。これらのことを行うと面接官にとってとても好印象に残ると思います。