関西には合格率を高くできる家庭教師がいる|生徒に合わせた授業

文房具

目的や用途を決めておこう

本を持つ人

ワンクッション置ける

高校時代に、ある程度の進路を決めないと大学受験も就職もうまくいかなくなってしまうことがあります。しかし、多くの人は将来的に何をやりたいのか見つかっていないことがあるものです。そんな時にはワンクッション置いてみるのもいいかもしれません。とりあえず、短大に進学してみるという選択肢があります。短大は大学と違って二年間だけなので、その間にやりたいことを見つけられれば大学に編入するなど、後で方向性を変えることも可能です。もちろん、そこから専門学校を選択したり、就職を選択したりというように、様々な方向転換ができるところが便利な選択肢でもあります。ただし、目的や用途は明確にしておきましょう。短大といっても選択するカリキュラムに違いがあるからです。とりあえず何か資格を取得しておきたいというのなら、保育士免許を取るなど、短大には資格を取得できる科があります。また、高校時代に大学進学までの学習ができておらず、志望校に受かる気がしないというのなら、ワンクッション置いて短大に進学しておくという手段もあります。短大も大学編入のしやすいところを選びましょう。そうすれば、短大在学中にみっちりと学習をして、志望大学に編入することもできます。このように、いろいろな進路を選びやすいことから短大に進学する人も居ます。それに、職種によっては高卒ではなく、短大卒や大卒ではないと採用してくれないところもあるので、そのためだけにも短大に進学しておくのもいいかもしれません。